このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


生駒に希少トンボ ネアカヨシヤンマ - 市内で初めて確認

2017年8月5日 奈良新聞

生駒市内を飛ぶネアカヨシヤンマ(谷村勇司さん提供)

 生駒市内で7月、希少なトンボ、ネアカヨシヤンマが確認された。絶滅の恐れのある動物を掲載する「県レッドリスト2016」で絶滅危惧種に指定されている。愛好家によると市内での確認は初めてという。

 トンボの調査を続ける自転車店経営、谷村勇司さん(63)=同市生駒台南=が同市小瀬町の別院川周辺で確認して写真撮影した。トンボの観察歴が約50年という谷村さんはこれまで市内で57種類のトンボを確認している。

 谷村さんは「地上から20~30メートルの高い場所を飛び、青い複眼と徐々に細くなる胴が特徴。数が減っていることは確かで、生駒市は奇跡的に環境が残っている」と話す。

 橿原市昆虫館によると、県内では馬見丘陵公園(河合、広陵両町)などでも見られるという。

 ネアカヨシヤンマは体長10センチ弱のヤンマ科の大型のトンボ。羽の付け根が赤みがかり、ヨシ原などに生息するため、その名がつけられている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ