このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


生駒に希少トンボ ネアカヨシヤンマ - 市内で初めて確認

2017年8月5日 奈良新聞

生駒市内を飛ぶネアカヨシヤンマ(谷村勇司さん提供)

 生駒市内で7月、希少なトンボ、ネアカヨシヤンマが確認された。絶滅の恐れのある動物を掲載する「県レッドリスト2016」で絶滅危惧種に指定されている。愛好家によると市内での確認は初めてという。

 トンボの調査を続ける自転車店経営、谷村勇司さん(63)=同市生駒台南=が同市小瀬町の別院川周辺で確認して写真撮影した。トンボの観察歴が約50年という谷村さんはこれまで市内で57種類のトンボを確認している。

 谷村さんは「地上から20~30メートルの高い場所を飛び、青い複眼と徐々に細くなる胴が特徴。数が減っていることは確かで、生駒市は奇跡的に環境が残っている」と話す。

 橿原市昆虫館によると、県内では馬見丘陵公園(河合、広陵両町)などでも見られるという。

 ネアカヨシヤンマは体長10センチ弱のヤンマ科の大型のトンボ。羽の付け根が赤みがかり、ヨシ原などに生息するため、その名がつけられている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

2区 高市氏 3区 田野瀬氏当選 - 自民盤石、前職圧勝/17衆院選写真付き記事[2017.10.23]

各地で避難勧告、指示 - 公共交通機関が混乱/台風21号[2017.10.23]

激闘、決着未明に - 1区写真付き記事[2017.10.23]

田野瀬さんV3 - 新編入3市も浸透/3区写真付き記事[2017.10.23]

高市さん安定 - 実績すきなし/2区[2017.10.23]

「安倍1強」に審判 - きょう投開票/17衆院選[2017.10.22]

女子大生らに働き方指南 - 仕事内容など社員ら生の声/奈女大企画のエキスポ写真付き記事[2017.10.22]

宇陀の薬草文化PR - パネル討論や販売ブースも/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.10.22]

「人間も動物も同じ大切な命」 - フェスで多彩な体験/うだ・アニマルパーク写真付き記事[2017.10.22]

“一強”維持か反撃か - 県内激戦、あす投開票/17衆院選[2017.10.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ