このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月3日 奈良新聞

 奈良市の奈良国立博物館で開催中の特別展「源信 地獄・極楽への扉」。恵心僧都・源信は今の葛城市で生まれた平安時代の高僧だ。

 代表的な著述「往生要集」は、わが国の浄土教の夜明けを告げたとされる。その思想は法然、親鸞にも受け継がれ、発展していった。1000年忌を記念した特別展は9月3日まで。

 往生要集は「この穢(けが)れた世界を厭(いと)い離れること」(石田瑞麿・口語訳)という厭離穢土(おんりえど)の章から始まる。まず掲げられるのは八つの地獄だ。

 罪人のさまざまな受苦を具体的なイメージで浮かび上がらせ、圧倒される。そして、これを受けて続くのが「浄土をねがい求めること」(同)の章。

 往生とは何か。浄土とは何か。念仏とは何か。源信は膨大な量の仏典を引いて根拠を示す。臨終の重視も特徴的で、死を間近にした病人の念仏の作法にまで触れている。

 源信の没後1000年。現代は源信の時代より空気が薄く、地獄と極楽のイメージをうまく作れない。往生要集の死生観は現代人にも生きているかどうか、今回の特別展を機に考えたい。(北)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ