このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


古都の夏は池床で - 猿沢池に初登場 音楽や「舞の宴」

2017年8月2日 奈良新聞

池床の設置作業が進む猿沢池=1日、奈良市登大路町

 池の上に張り出したスペースで食事などを楽しめる「池床(いけどこ)」が今月16~25日の10日間、奈良市登大路町の猿沢池に初めて設置される。奈良公園や奈良町一帯で開かれるイベント「ぐれーとさまぁーふぇすた☆ならまち遊歩」(同実行委員会主催)の一環。池床は有料。音楽コンサートや芸舞妓(こ)の舞なども披露される予定で、古都の風情と涼を存分に味わえそうだ。

 県などによると、猿沢池では以前、盆踊り大会の櫓(やぐら)や映画イベントなどで桟橋が設置されたことはあるが、池床の設置は初めてという。

 池床は猿沢池南東側に設けられ、池の上に奥行き約5メートル、幅約20メートルの広さを確保。椅子で約70席を用意する。

 利用には、一帯の120店舗以上で特典が受けられる「楽座手形」(500円)が必要で、飲食物の提供(別途有料)を受けられる。

 また、18日に「ちびっ子桧垣本座」の能楽公演(午後5時30分から)▽19日=シンガーソングライター、大垣知哉さんのミニコンサート(午後3時から)、元林院の「舞の宴」(午後6時から)▽20日=元林院の「舞の宴」(午後6時から)―などが、池床をステージに繰り広げられる。

 イベントでは、ほかにも、ちょうちんの絵付け体験や親子で楽しめるクイズラリー「ならまち超珍(ちょうちん)探検隊」などが実施され、猿沢池の周囲には約100個のちょうちんが、夏の夜を彩る。

 池床の設置作業は先月29日から始まっており、池の水も抜かれて1日には足場が完成。きょう2日までにほぼ完成するという。

 実行委員会の菊岡泰政会長は「池床やちょうちんの設置で工夫を凝らした。イベントを通して古都奈良の街を周遊してもらい、にぎわいを創出したい」と話している。

 問い合わせは同実行委事務局、電話0742(93)5250。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ