このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


元事務局長が着服 - 弁済で和解、総会承認/県猟友会不明金

2017年7月31日 奈良新聞

 県猟友会(中川徹会長)の約2900万円に上る使途不明金問題で、上田光彦前会長(今年5月に会長職のまま急逝)時代の平成19年~24年の間に、女性の元事務局長が同会名義の預金口座から252回にわたって現金を引き出し、合わせて1696万円を着服していたことが30日までに、元役員らの証言で分かった。同会は弁護士を通じて26年4月に元事務局長を奈良署に刑事告訴した。被害弁償を求め双方の弁護士らと交渉し、1425万円の弁済で示談が成立したため、昨年1月、元事務局長に対する刑事告訴を取り下げた。こうした一連の経緯は理事会および昨年の通常総会でも報告され承認されている。ところが急逝した上田会長の後を受けて新会長に就任した中川氏は「疑惑の解明をする」と、あえて問題視する姿勢を示した。これについて前副会長ら複数の元役員、会員の間から「故・上田前会長を貶(おとし)めようとする不自然なものだ」として、中川氏に対して疑問の声が高まっている。

 同会関係者らによると、元事務局長は同10年に採用。14年には事務局長となって預金などの会計管理を全面的に任されていた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ