このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月29日 奈良新聞

ひところ話題になった特定外来生物の「セアカゴケグモ」。平成7(1995)年に大阪府高石市で発見されたのが最初で当初は全国各地で目撃談が報道され、いかに対処するか関心を呼んだ。

 しかし今では、墓掃除に行けば墓石の周辺で遭遇するようになり、すっかり“定住化”が進み、危機感は薄れている。だが、強い毒を持つ危険なクモであることに変わりはない。

 一方、最近注目を浴びているのが、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」。全国各地の港湾地域を中心に発見が続くが、27日には福岡で、コンテナから積み荷を取り出す作業中の男性作業員が刺された。

 病院で診察を受け、刺された周囲に赤い発疹が確認されたが軽症という。

 攻撃性や繁殖力が強く、危険度は相当なものだ。ニュージーランドでは封じ込めに成功したが、台湾では失敗したという。そうした過去の教訓を生かし、国を挙げての水際封じ込め作戦が進行中だ。

 「奈良は内陸部だから安心」とはいえない。世界中と、物流でつながっている。正しい情報を頭に入れ、万一遭遇した時のことを考えておくべきだろう。(恵)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ