このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月28日 奈良新聞

 季節の変化を知る雑節の一つに土用がある。夏季は期間中のうしの日にウナギを食べる習慣が有名だが、ほかに土用干しや土用波という言葉も。

 このうち土用波は遠くで発生した夏台風から寄せてくる高波。天気が良いからと気を許していると事故に遭う。そんな危険を教える格言でもある。

 実際に今も台風5号が列島の遥か東南海上にあって、迷走しながら月末にかけて西進。また南方では9号がゆっくり台湾に近付いており、太平洋側では各地でうねりが高い状態が続きそうだ。

 現代ではあえて観天望気に頼らなくても、台風の動きを逐一観測し、予測することで風雨や波浪による被害をある程度は防げるようになってきた。

 それでも災害は起きる。被害を減らすには、さらに予報精度や広報力を高める努力が必要だが、同時に一人ひとりの心構えも問われる。天災は忘れたころにやってくる…という心の隙が怖い。

 夏休みに入り、海から遠い暮らしをしている県民も浜辺に遊ぶ機会が増える季節。最新技術による情報はもちろん、古来の知恵も心に留めて、夏の土用を安全に過ごしたい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ