このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月26日 奈良新聞

 ある「戦い」があって勝者と敗者が決まれば、敗者を支えた勢力の責任が問われるのが普通だ。責任の取り方はさまざまにしてもだ。

 先の奈良市長選で自民党県連が推薦した候補が落選。得票数から見ても大敗と言っていい。敗因を分析し、何を教訓として次に生かすかまで論議を尽くすのは当然だ。

 その上で、今回は同県連の責任の取り方も問われる。県連の権限強化で、今回の選挙でも支援する候補の擁立と推薦決定は県連が行った。県連幹部が責任を取るのも当然だ。

 過去数年の県内市町村における首長選挙で、自民党推薦候補が相次いで落選。それを踏まえて規約が改正され、県連の権限が強化された。組織だから、それ自体はいい。

 市町村段階で党内がまとまらない事態が目立ってきたことへの対策として、県連強化は評価していいだろう。だが、権限と責任は一体であり、選挙で負ければ責任を取るべきだ。

 奈良市長選の総括もこれからのようだが、徹底的に論議して禍根を残してはならない。中途半端な総括では責任もあやふやになる。県連の最高責任者は奥野信亮会長である。(北)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]

緑の葉から青色に - 児童、藍染めに歓声/五條高で体験会写真付き記事[2017.08.22]

舞や演奏にぎやかに - 来月3日に「かなで奉納舞台in高畑不空院」写真付き記事[2017.08.22]

新規就農の実態解説 - 農業金融の出張講義/日本公庫写真付き記事[2017.08.22]

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ