このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月21日 奈良新聞

 奈良市の仲川市政3期目が動き出した。きのうは火葬場建設に向け、予定地で埋設ごみ調査の地元説明を実施。新しい任期で懸案解決を目指す。

 ただ調査は当初予定よりボーリング箇所が増えるなど規模が大きくなる見込みで、ごみの量や質によっては事業費全体の膨張につながる可能性も。

 もちろん問題が多い現在の予定地で事業を進める限り、住民の不安にしっかり応えていくことが大切。その上で早期完成や経費圧縮をどう図るのか。改めて仲川市長の手腕が問われるところ。

 そこで求めたいのが県など行政間の連携、また癒着や妥協ではない市議会との協力関係の構築だろう。併せて市民との偏らない対話も欠かせない。

 目の前に積みあがった市政の課題は火葬場問題だけではない。幼保一元化や財政再建も道半ばだし、ごみ焼却場移設でも新たな局面と向き合うことになる。多くの力を結集していかなければ。

 3期目がスタートしたとは書いたが、今はまだ残任期中。ごみ調査も選挙前に成立した予算の執行に過ぎない。8月からの新任期本番で仲川市長の成長ぶりを見てみたい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

2区 高市氏 3区 田野瀬氏当選 - 自民盤石、前職圧勝/17衆院選写真付き記事[2017.10.23]

各地で避難勧告、指示 - 公共交通機関が混乱/台風21号[2017.10.23]

激闘、決着未明に - 1区写真付き記事[2017.10.23]

田野瀬さんV3 - 新編入3市も浸透/3区写真付き記事[2017.10.23]

高市さん安定 - 実績すきなし/2区[2017.10.23]

「安倍1強」に審判 - きょう投開票/17衆院選[2017.10.22]

女子大生らに働き方指南 - 仕事内容など社員ら生の声/奈女大企画のエキスポ写真付き記事[2017.10.22]

宇陀の薬草文化PR - パネル討論や販売ブースも/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.10.22]

「人間も動物も同じ大切な命」 - フェスで多彩な体験/うだ・アニマルパーク写真付き記事[2017.10.22]

“一強”維持か反撃か - 県内激戦、あす投開票/17衆院選[2017.10.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ