このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月14日 奈良新聞

 福岡、大分両県を襲った九州北部の豪雨から、はや1週間が過ぎた。土砂崩れや河川の氾濫で被災した家屋は約690棟を超え、さらに被害が拡大する恐れがある。

 12日段階で、約1300人が避難を続けている。被災自治体では住宅確保に向けて「みなし仮設」の提供など、住民の生活再建に向けた取り組みを始めた。

 今回もまた、短時間での異常な雨量、急激な河川の水位の上昇など、予想をはるかに超えた事態が発生した。もはや過去の経験則というものは、生かしにくい時代に入ったのかもしれない。

 「これぐらいなら、まだ大丈夫」と思っているうちに、川の水位が急上昇し、身動きがとれなくなったという事例も多かったのではないか。集団で避難する時代から、個人の判断が問われる時代へと移行している。

 ネット社会と言われ、いろいろな情報端末が生活の中に浸透しているが、高齢者らには、なじみが薄い。情報量という点では明らかに格差がある。

 今後ますます、高齢者でも常に情報を身近に知ることができるような「備え」が必要だ。ラジオは最低限、常備しておきたい。(恵)

 

 

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新院長引き抜きか - 市内民間の現職/生駒市立病院[2017.07.21]

地元紙の独自性期待 - 奈良市長選報道など評価/奈良新聞記事審議委員会写真付き記事[2017.07.21]

飲食店活性化へ「新大宮一つに」 - 駅周辺の魅力ある店PRへ「休戦協定」写真付き記事[2017.07.21]

投棄物調査を本格化 - 地元に方法など説明/奈良市新斎苑写真付き記事[2017.07.21]

夏休みがやってきた! - 県内小中で終業式写真付き記事[2017.07.21]

奉仕精神できれいに - 通学路など清掃/奈良高生写真付き記事[2017.07.21]

魅力発信し市場創出 - 橿原で県木材海外販路開拓セミナー写真付き記事[2017.07.21]

橋など点検順調 - 来年度に完了/県維持管理連絡協[2017.07.20]

1部98人、2部55人 - シルバーカラオケ1次審査合格[2017.07.20]

光と水 浴びる夏 - 近畿地方梅雨明け写真付き記事[2017.07.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ