このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月13日 奈良新聞

 やはり隣の芝生は青く見えるものなのか。奈良市長選に出馬した前生駒市長が両市の比較で支持を集め、敗れはしたものの現職候補に肉薄した。

 選挙全体の構図や結果の分析は、それほど単純にいかないだろうが、一つの側面として市民感情のあり方を考える契機には、なったのではないか。

 両市の行財政、施策を見比べて良しあしを判断するのは容易ではない。ただ、隣接市との比較を市長選の論点に据えても有権者から特段、強い反発が出なかったように見えたことは興味深い。

 以前のこと、市西部の住宅地に住む女性が転居して数十年にもなるが、いまだ近鉄大和西大寺駅より東側へは行ったことがないと語ったのは実話。

 いわゆる新旧住民の色分けをいうのは時代錯誤的でも、実際の生活圏を見れば行政区分とは一致しない地域性も浮かび上がる。大阪を中心にした距離感が政治風土にも影響するのは仕方ない。

 次期衆院選から同じ小選挙区となる両市。3期目を迎える仲川市長は、今回の生駒市との比較も踏まえ、隣にうらやまれる奈良市の「青い芝」をしっかりと育ててほしい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県-大阪-三重連携 - 9月に3府県合同会議設立/リニア写真付き記事[2017.07.27]

4度涼しく - 船橋通り商店街で打ち水写真付き記事[2017.07.27]

発祥の地で初開催 - 視覚障害者囲碁世界選手権写真付き記事[2017.07.27]

藤井四段効果?目指せ!プロ棋士 - 小学生ら続々参加写真付き記事[2017.07.27]

楽しく手作り - 「ならリビングKIDS&ガールズクラフトフェス」写真付き記事[2017.07.27]

全力で日本一目指す - 天理市長に意気込み/天理エンジェルス写真付き記事[2017.07.27]

地域経済発展に全力 - 奈良商議所が議員総会写真付き記事[2017.07.27]

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ