このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月12日 奈良新聞

 今年上半期の流行語の一つ「忖度(そんたく)」。政権への疑念と結びついたこともあってか、言葉に負のイメージが伴う。

 相手の気持ちを推し量ることは、悪いことばかりではない。なおかつ相手の状況を気遣う行動は、しばしばありがたいものだ。

 20~30代のころ、単車でソロツーリングによく出かけた。寝袋やテントでの一人旅をわびしく思われたのか、旅先の人々にはずいぶん助けられた。

 食べ物や蚊取り線香などの実用品の差し入れはもとより、屋根付きの寝場所を特別に提供してもらったことも。台風近づく夜に幕営地を探していた鹿児島県では、パトカーが休業中のキャンプ場へ先導してくれた。

 恐縮ながら、寒気漂う山あいで寝袋だけで野宿した際は、テント泊のグループに夜通し見守ってもらう世話もかけた。もちろん厚意を受けた人や土地のことは忘れないし、再訪願望も強い。

 リピーターを増やし、観光地の評価を高めるには、民間レベルでのちょっとした心遣いの効果も小さくないだろう。自らもあのときのお返しの気持ちで、県への旅人に接したいと思っている。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ