このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月12日 奈良新聞

 今年上半期の流行語の一つ「忖度(そんたく)」。政権への疑念と結びついたこともあってか、言葉に負のイメージが伴う。

 相手の気持ちを推し量ることは、悪いことばかりではない。なおかつ相手の状況を気遣う行動は、しばしばありがたいものだ。

 20~30代のころ、単車でソロツーリングによく出かけた。寝袋やテントでの一人旅をわびしく思われたのか、旅先の人々にはずいぶん助けられた。

 食べ物や蚊取り線香などの実用品の差し入れはもとより、屋根付きの寝場所を特別に提供してもらったことも。台風近づく夜に幕営地を探していた鹿児島県では、パトカーが休業中のキャンプ場へ先導してくれた。

 恐縮ながら、寒気漂う山あいで寝袋だけで野宿した際は、テント泊のグループに夜通し見守ってもらう世話もかけた。もちろん厚意を受けた人や土地のことは忘れないし、再訪願望も強い。

 リピーターを増やし、観光地の評価を高めるには、民間レベルでのちょっとした心遣いの効果も小さくないだろう。自らもあのときのお返しの気持ちで、県への旅人に接したいと思っている。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

全国初 外国人専用避難所 - 言語、ハラル対応/猿沢イン[2017.11.22]

ひたひた 冬の足音 - きょう小雪写真付き記事[2017.11.22]

こけら葺き屋根、美しく - 葺き替え完了/正暦寺福寿院写真付き記事[2017.11.22]

三郷で現地調査開始 - 対策工事は年末以降/土砂崩落[2017.11.22]

超絶技巧でリアル追求 - ニッポンの写実展/23日から県立美術館写真付き記事[2017.11.22]

県代表に岡崎さん - ミス・ユニバース・ジャパン奈良大会写真付き記事[2017.11.22]

件数減も請負金額増 - 10月の県内公共工事動向[2017.11.22]

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ