このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


仲川、山下氏大接戦 - 朝広、井上氏届かず/奈良市長選 開票進む

2017年7月10日 奈良新聞

奈良市長、市議選の開票場。作業は深夜まで続いた=9日、奈良市法蓮佐保山4のならでんアリーナ

 任期満了に伴う奈良市長選挙と同市議選(定数39)は9日に投開され、開票作業が午後9時30分から、同市法蓮佐保山4丁目のならでんアリーナで始まった。4候補で争われた市長選は、無所属現職で3選を目指す仲川元庸氏(41)と、無所属新人で前生駒市長の山下真氏(49)が激しく競り合う展開となり、当落の確定は日付をまたいで10日未明にもつれ込んだ。50人が出馬した市議選の開票作業も並行して進められた。市長選の投票率は51・01%で、参院選と同日選挙だった前回平成25年の60・06%を9・05ポイント下回った。市議選投票率は51・00%(前回60%)。当日有権者数は30万5610人(男14万1599人、女16万4011人)だった。

 市長選には仲川、山下両氏のほか、無所属新人でNPO法人理事長の朝広佳子氏(56)=自民党推薦=、共産党の新人で党県常任委員の井上良子氏(53)が立候補。選挙戦は2期8年の実績と知名度の高さで序盤から優位に立つ仲川氏を、新人陣営が追い上げる展開となった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ