このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月7日 奈良新聞

 終盤を迎えた奈良市長、市議ダブル選挙。ともに接戦となり候補のボルテージは上がる一方だが、そんな中で気にかかるのが天気予報と投票率。

 同市では平成16年の市長選を転機として、投票率が毎回上昇するようになり、20%台の低迷期から、前回はついに60%を超えるまで改善が進んだ。

 ただし理由は必ずしも前向きなものばかりではない。市長不信任と議会解散で注目を集めたのは平成17年。それ以来両者の改選が同時実施されるようになったことも投票促進に貢献している。

 また前々回は総選挙を間近に控えていたし、前回は参院選と同日投票。ともに国政選がらみで政治に対する有権者の関心が高まる時期と重なった。

 さて今回はどうだろう。期日前投票の出足は4年前より鈍いようだが、市議選はもちろん市長選も候補の顔ぶれはそろっている。後は身近な課題を争点に市民の関心をさらに掘り起こしたい。

 東京都議選が全国の話題を集めたように、奈良市のダブル選挙も県民注視の的。週末の天気予報はすぐれないが、すっきり晴れる市政へ市民の積極的な行動に期待したい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ