このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


奈良三彩を仏器に使用 - 平城宮に仏教施設か/奈文研の出土分布分析

2017年7月6日 奈良新聞

平成18年の平城宮東院地区発掘調査で出土した釉薬を用いた鉢=奈良文化財研究所提供

 奈良時代に中国の唐三彩をまねて作られた奈良三彩の陶器が、平城宮(奈良市)で仏器として使用されたことが、奈良文化財研究所の今井晃樹、神野恵両主任研究員の研究で分かった。同宮跡での出土分布を分析した結果、仏教関連遺物の出土位置と一致。寺院での出土例が多い釉薬(ゆうやく)を用いた瓦や磚(せん)の出土分布も重なり、宮内に小規模な仏堂などの仏教施設があったと考えられる。研究成果は「奈良文化財研究所紀要2017」に掲載された。

 奈良三彩は緑、褐(かつ)、白の3色の釉薬を用いて低温で焼かれた陶器。奈良文化財研究所の調査で出土した釉薬を用いた陶器の破片など計654点のうち、347点が寺院で見つかったため仏器と考えられていた。しかし、寺院に次ぐ277点が出土した平城宮内での用途などは不明だった。平城宮内では天皇と皇太子の宮殿が営まれた東院地区や内裏東外郭地区などに集中して出土…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新院長引き抜きか - 市内民間の現職/生駒市立病院[2017.07.21]

地元紙の独自性期待 - 奈良市長選報道など評価/奈良新聞記事審議委員会写真付き記事[2017.07.21]

飲食店活性化へ「新大宮一つに」 - 駅周辺の魅力ある店PRへ「休戦協定」写真付き記事[2017.07.21]

投棄物調査を本格化 - 地元に方法など説明/奈良市新斎苑写真付き記事[2017.07.21]

夏休みがやってきた! - 県内小中で終業式写真付き記事[2017.07.21]

奉仕精神できれいに - 通学路など清掃/奈良高生写真付き記事[2017.07.21]

魅力発信し市場創出 - 橿原で県木材海外販路開拓セミナー写真付き記事[2017.07.21]

橋など点検順調 - 来年度に完了/県維持管理連絡協[2017.07.20]

1部98人、2部55人 - シルバーカラオケ1次審査合格[2017.07.20]

光と水 浴びる夏 - 近畿地方梅雨明け写真付き記事[2017.07.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ