このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月3日 奈良新聞

 大規模な濠(ほり)に囲まれた弥生時代の集落跡、田原本町の唐古・鍵遺跡(国史跡)で記念すべき町教育委員会の調査が始まったのは昭和57年7月だった。「さあこれから」という翌8月、遺跡は水の底に沈むことになる。

 大和川の決壊や氾濫によるこの年の大水害は「ごーなな水害」として知られる。田原本町では床上浸水だけで432戸に及び、農地の多くが水にのまれた。

 大幅に遅れたこの年の調査の終盤、環濠(かんごう)を埋没させた土砂の堆積が確認される。2000年前の洪水層だった。

 田原本町教育委員会の藤田三郎次長は本紙の連載「唐古・鍵遺跡学事始め」でこのエピソードを紹介し、「長い歳月の中で繰り返される災厄を知らされることになった」と書いている。

 停滞した梅雨前線の影響で、この週末は大雨に見舞われた地域も多かった。台風シーズンはこれからだ。

 2000年前の洪水で、唐古ムラの人々はどんな災いに見舞われたのか。自然の脅威に身がすくむが、そこに現在の集落があることを思うとき、人の営みの力強さを感じずにはいられない。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ