このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年7月3日 奈良新聞

 大規模な濠(ほり)に囲まれた弥生時代の集落跡、田原本町の唐古・鍵遺跡(国史跡)で記念すべき町教育委員会の調査が始まったのは昭和57年7月だった。「さあこれから」という翌8月、遺跡は水の底に沈むことになる。

 大和川の決壊や氾濫によるこの年の大水害は「ごーなな水害」として知られる。田原本町では床上浸水だけで432戸に及び、農地の多くが水にのまれた。

 大幅に遅れたこの年の調査の終盤、環濠(かんごう)を埋没させた土砂の堆積が確認される。2000年前の洪水層だった。

 田原本町教育委員会の藤田三郎次長は本紙の連載「唐古・鍵遺跡学事始め」でこのエピソードを紹介し、「長い歳月の中で繰り返される災厄を知らされることになった」と書いている。

 停滞した梅雨前線の影響で、この週末は大雨に見舞われた地域も多かった。台風シーズンはこれからだ。

 2000年前の洪水で、唐古ムラの人々はどんな災いに見舞われたのか。自然の脅威に身がすくむが、そこに現在の集落があることを思うとき、人の営みの力強さを感じずにはいられない。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ