このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月24日 奈良新聞

 「聖徳太子ゆかりの地」と言われて多くの人が真っ先に思い浮かべるのは法隆寺だろう。その法隆寺が伽藍(がらん)を構える斑鳩町が、「太子道日本遺産認定推進協議会」の退会を表明したという。

 太子道は別名「筋かい道」。聖徳太子が宮殿を置いた斑鳩宮と飛鳥を結んで奈良盆地を斜めに横切る街道だった。

 日本遺産は物語性が重視され、起点を失った推進協議会が空中分解するのは自明の理だが、斑鳩町は退会の道を選んだ。認定のハードルは想定内で、唐突の感は否めない。

 さまざまな思いがあるにせよ、推進協議会には大阪府太子町など県外の行政や寺院も入っている。中心メンバーの「一抜け」は、少々大人げないようにも思うのだが。

 4年後には聖徳太子の没後1400年を迎え、県や関係市町村によるプロジェクトも検討作業が始まった。今回の退会騒ぎで連携にひびが入ってはならないだろう。

 十七条憲法の第十条にいわく「忿(いかり)を絶ち、瞋(いかり)を棄(す)てて、人の違うを怒らざれ」。没後1400年の節目に向け、聖徳太子の精神も大切にしたい。(増)

 

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県-大阪-三重連携 - 9月に3府県合同会議設立/リニア写真付き記事[2017.07.27]

4度涼しく - 船橋通り商店街で打ち水写真付き記事[2017.07.27]

発祥の地で初開催 - 視覚障害者囲碁世界選手権写真付き記事[2017.07.27]

藤井四段効果?目指せ!プロ棋士 - 小学生ら続々参加写真付き記事[2017.07.27]

楽しく手作り - 「ならリビングKIDS&ガールズクラフトフェス」写真付き記事[2017.07.27]

全力で日本一目指す - 天理市長に意気込み/天理エンジェルス写真付き記事[2017.07.27]

地域経済発展に全力 - 奈良商議所が議員総会写真付き記事[2017.07.27]

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ