このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月20日 奈良新聞

 19世紀ドイツの作曲家ワーグナーの音楽には熱狂的な愛好家が存在し、ワグネリアンと呼ばれている。ワーグナーが建設したバイロイト祝祭歌劇場は“聖地”とされ、夏の音楽祭は世界中から信者が巡礼に訪れる。

 日本の多くのワグネリアンが先日、バイロイトならぬ名古屋市に詰め掛けた。アマチュアの愛知祝祭管弦楽団がワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を上演したのだ。

 ワーグナーのオペラには大編成のオケと高度な技術が必要で、プロでさえミスのない演奏は至難。それにアマが挑戦するというのだから、音楽ファンの耳目を集めて当然だろう。

 終演後は演奏をたたえるブラヴォーの嵐だった。アマだけに細かなミスも目立ったが、それを上回る熱い思いがホールを埋めた満員の聴衆の心をうったのだ。

 クラシック音楽の分野では東京の一極集中が著しい。しかし、関係者の努力と情熱があれば、地方からでもこのオペラ公演のような快挙が可能だ。

 県内で「ムジークフェストなら2017」が開かれているが、将来的には全国から注目を集める目玉公演の創設が望まれる。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「農業」志望者集まれ - 全国から生徒募集/五條高校賀名生分校写真付き記事[2018.01.19]

動画で手話に親しんで - 「伝わる」効果期待/大和郡山市写真付き記事[2018.01.19]

奈良の良さ ワンフレーズと絵で学ぼう - 「奈良まほろばかるた」完成写真付き記事[2018.01.19]

障害を超え交流を - 奈良で来月17、18日/スマイルリボンフェスタ写真付き記事[2018.01.19]

正月太りを解消しよう  - 奈良市と食推が「料理教室」写真付き記事[2018.01.19]

景気実感できる年に - 県商工会連合会新年懇談会写真付き記事[2018.01.19]

住宅地 金・土・日のみ - 奈良市「民泊条例」骨子案[2018.01.18]

次から次へ20万匹 - 大和郡山で金魚初競り写真付き記事[2018.01.18]

教訓胸に「命守る」 - 県警が大地震想定訓練/阪神大震災から23年写真付き記事[2018.01.18]

県指定文化財に7件 - 丹生川上神社中社の木造神像など写真付き記事[2018.01.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ