このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月20日 奈良新聞

 19世紀ドイツの作曲家ワーグナーの音楽には熱狂的な愛好家が存在し、ワグネリアンと呼ばれている。ワーグナーが建設したバイロイト祝祭歌劇場は“聖地”とされ、夏の音楽祭は世界中から信者が巡礼に訪れる。

 日本の多くのワグネリアンが先日、バイロイトならぬ名古屋市に詰め掛けた。アマチュアの愛知祝祭管弦楽団がワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を上演したのだ。

 ワーグナーのオペラには大編成のオケと高度な技術が必要で、プロでさえミスのない演奏は至難。それにアマが挑戦するというのだから、音楽ファンの耳目を集めて当然だろう。

 終演後は演奏をたたえるブラヴォーの嵐だった。アマだけに細かなミスも目立ったが、それを上回る熱い思いがホールを埋めた満員の聴衆の心をうったのだ。

 クラシック音楽の分野では東京の一極集中が著しい。しかし、関係者の努力と情熱があれば、地方からでもこのオペラ公演のような快挙が可能だ。

 県内で「ムジークフェストなら2017」が開かれているが、将来的には全国から注目を集める目玉公演の創設が望まれる。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新院長引き抜きか - 市内民間の現職/生駒市立病院[2017.07.21]

地元紙の独自性期待 - 奈良市長選報道など評価/奈良新聞記事審議委員会写真付き記事[2017.07.21]

飲食店活性化へ「新大宮一つに」 - 駅周辺の魅力ある店PRへ「休戦協定」写真付き記事[2017.07.21]

投棄物調査を本格化 - 地元に方法など説明/奈良市新斎苑写真付き記事[2017.07.21]

夏休みがやってきた! - 県内小中で終業式写真付き記事[2017.07.21]

奉仕精神できれいに - 通学路など清掃/奈良高生写真付き記事[2017.07.21]

魅力発信し市場創出 - 橿原で県木材海外販路開拓セミナー写真付き記事[2017.07.21]

橋など点検順調 - 来年度に完了/県維持管理連絡協[2017.07.20]

1部98人、2部55人 - シルバーカラオケ1次審査合格[2017.07.20]

光と水 浴びる夏 - 近畿地方梅雨明け写真付き記事[2017.07.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ