このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月16日 奈良新聞

 聖武天皇が他界して1年後、757年の平城京で、大規模なクーデター計画が進んでいた。強権を振るう藤原仲麻呂を自邸に襲って殺害、樹立した新政権下で孝謙女帝を廃し、新しい天皇を迎える。

 首謀者の名を取って「橘奈良麻呂の変」と呼ばれるこのクーデターは、密告によって仲麻呂側に漏れていた。決起の当日、孝謙女帝は詔(みことのり)を発する。「決起した者は厳罰に処す」。

 孝謙女帝の母、光明皇后のとりなしで首謀者はいったん解き放たれたが、翌日には一人の自白で計画の全貌が明らかになる。拘束された容疑者は獄死や流罪など、悲惨な運命をたどった。

 有間皇子の変、蘇我石川麻呂の悲劇、長屋王の変。密告に端を発したとされる事件は飛鳥や平城の都でたびたび起きた。

 改正組織犯罪処罰法が15日朝に成立した。共謀罪で告発された一般人が捜査対象になるのかどうか。国会での政府答弁は混乱したが、告発の受理と捜査は表裏一体だ。

 権力が監視や密告を欲することは古代の事件を見るまでもない。その習性を国民の側から監視することもまた必要である。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

3会派調整つかず - 奈良市会議長選[2017.08.18]

美しい姿で勢ぞろい - 当麻寺金堂仏像修復完了写真付き記事[2017.08.18]

核兵器廃絶、平和実現へ - 奈良高・日下さん 決議文受け取る/高校生大使写真付き記事[2017.08.18]

「こども食堂」に補助金 - 貧困対策へ拡大目指す[2017.08.18]

平和への思いを作品に - 絵手紙や著名人作品/奈良で30日まで写真付き記事[2017.08.18]

水源地で自然感じて - 吉野分水で親子ら源流トレッキング写真付き記事[2017.08.18]

請負金額24.5%増 - 7月県内公共工事[2017.08.18]

19日に通行スタート - 御所南IC-五条北IC完成/京奈和自動車道・大和御所道路写真付き記事[2017.08.17]

被爆者の声 世界へ - 学び行動し平和築く/風化に抗う(8)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.17]

熱中症対策へ情報交換 - 生駒の中学生死亡1年写真付き記事[2017.08.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ