このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月13日 奈良新聞

 小学生から「先生の『こころ』という作品を読みました」との手紙を受け取った文豪・夏目漱石は「小学生はあのような作品を読むものではありません」と返事した。

 「漱石を電子辞書で読む」(齋藤孝著、時事通信社)の中で紹介されている逸話だ。重いテーマの作品なので、小学生には理解しがたく誤解を生むと、作家自身考えたのだろう。

 「坊ちゃん」など漱石作品で小説入門をした人は多いだろうが、若いころは表面のストーリーを追いがちである。名作を深く味わうには年齢を重ね、読み返すべきだろう。

 齋藤氏は、「こころ」を読み解き、漱石が生きた明治の時代は自分がやりたいことより、(真理や人の道を求め)こう生きるべきだとする考えの方が重かったが、今の時代の人間はこうしたいという物質的な欲望の方が強いという。

 利己主義の現代日本社会を改めたいとする意見の政治家の中に教育勅語を持ち出すおかしな人たちがいるが、漱石文学を引用すればいいのに。

 小生は最近、漱石を座右の銘にしている。「生まれて来た以上は、生きねばならぬ」(倫敦塔より)。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

告示1週間前、はや加熱 - 奈良市長選写真付き記事[2017.06.26]

奈良市政の課題<1> - 安全性への不安残し/新斎苑事業写真付き記事[2017.06.26]

地球に優しく コストも削減 - やまとクリーンパーク完工式写真付き記事[2017.06.26]

小説版の創作秘話、楽しく - 奈良でトーク&サイン会/県出身作家 浜口倫太郎さん写真付き記事[2017.06.26]

月ケ瀬小旧校舎で思い出づくり - 卒業生が「お別れ会」企画写真付き記事[2017.06.26]

科学の不思議くぎ付け - 奈良・済美小で「おもしろ理科実験」写真付き記事[2017.06.26]

VRで住宅図面を体感 - 奈良の大吉建設/県内初導入写真付き記事[2017.06.26]

奈良、八戸と引き分け - JFL第1ステージ第15節写真付き記事[2017.06.26]

上層階、眺望に優れ - ピアッツァホテル奈良 30日開業/JR奈良駅西口写真付き記事[2017.06.24]

生駒の空家率2.8% - 市が実態調査[2017.06.24]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ