このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月9日 奈良新聞

「肺から2万2千ベクレルの放射性物質プルトニウム239」と聞いて、耳を疑った。「数字が間違っているのではないか」と。日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県)での作業員の被ばく事故の話である。

 作業員5人は、6日午前、燃料研究棟で機器の点検中、放射性物質の飛散を防止する室内で貯蔵容器を開けた。すると中のビニールバッグが破裂し、入っていた放射性物質300グラム弱の一部が漏れたという。

 同機構の推計では、50代の男性職員が体内に取り込んだ放射性物質の総量は36万ベクレルという。とてつもない数字に言葉を失う。「被ばく」という言葉が不気味な重みを放つ。

 原子力規制委の田中俊一委員長は定例会合で「(作業の)慣れで、こういうことが起きた」と指摘したが、気の緩みでもあったのだろうか。

 あらためて、原子力関連施設について考えさせられる。人間が制御できることが前提なのに、時にこうした事故が起きてしまう。常にリスクが伴うことを忘れないでいたい。

 最先端の医療技術を駆使して、まずは作業員の快復を願わずにはいられない。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

告示1週間前、はや加熱 - 奈良市長選写真付き記事[2017.06.26]

奈良市政の課題<1> - 安全性への不安残し/新斎苑事業写真付き記事[2017.06.26]

地球に優しく コストも削減 - やまとクリーンパーク完工式写真付き記事[2017.06.26]

小説版の創作秘話、楽しく - 奈良でトーク&サイン会/県出身作家 浜口倫太郎さん写真付き記事[2017.06.26]

月ケ瀬小旧校舎で思い出づくり - 卒業生が「お別れ会」企画写真付き記事[2017.06.26]

科学の不思議くぎ付け - 奈良・済美小で「おもしろ理科実験」写真付き記事[2017.06.26]

VRで住宅図面を体感 - 奈良の大吉建設/県内初導入写真付き記事[2017.06.26]

奈良、八戸と引き分け - JFL第1ステージ第15節写真付き記事[2017.06.26]

上層階、眺望に優れ - ピアッツァホテル奈良 30日開業/JR奈良駅西口写真付き記事[2017.06.24]

生駒の空家率2.8% - 市が実態調査[2017.06.24]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ