このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月9日 奈良新聞

「肺から2万2千ベクレルの放射性物質プルトニウム239」と聞いて、耳を疑った。「数字が間違っているのではないか」と。日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県)での作業員の被ばく事故の話である。

 作業員5人は、6日午前、燃料研究棟で機器の点検中、放射性物質の飛散を防止する室内で貯蔵容器を開けた。すると中のビニールバッグが破裂し、入っていた放射性物質300グラム弱の一部が漏れたという。

 同機構の推計では、50代の男性職員が体内に取り込んだ放射性物質の総量は36万ベクレルという。とてつもない数字に言葉を失う。「被ばく」という言葉が不気味な重みを放つ。

 原子力規制委の田中俊一委員長は定例会合で「(作業の)慣れで、こういうことが起きた」と指摘したが、気の緩みでもあったのだろうか。

 あらためて、原子力関連施設について考えさせられる。人間が制御できることが前提なのに、時にこうした事故が起きてしまう。常にリスクが伴うことを忘れないでいたい。

 最先端の医療技術を駆使して、まずは作業員の快復を願わずにはいられない。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

3会派調整つかず - 奈良市会議長選[2017.08.18]

美しい姿で勢ぞろい - 当麻寺金堂仏像修復完了写真付き記事[2017.08.18]

核兵器廃絶、平和実現へ - 奈良高・日下さん 決議文受け取る/高校生大使写真付き記事[2017.08.18]

「こども食堂」に補助金 - 貧困対策へ拡大目指す[2017.08.18]

平和への思いを作品に - 絵手紙や著名人作品/奈良で30日まで写真付き記事[2017.08.18]

水源地で自然感じて - 吉野分水で親子ら源流トレッキング写真付き記事[2017.08.18]

請負金額24.5%増 - 7月県内公共工事[2017.08.18]

19日に通行スタート - 御所南IC-五条北IC完成/京奈和自動車道・大和御所道路写真付き記事[2017.08.17]

被爆者の声 世界へ - 学び行動し平和築く/風化に抗う(8)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.17]

熱中症対策へ情報交換 - 生駒の中学生死亡1年写真付き記事[2017.08.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ