このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月8日 奈良新聞

 山口県下関市で昭和40年に見つかった化石が、恐竜の卵だったという。ティラノサウルスのような二足歩行の新種らしい。発見した清水好晴さんは当時高校生だった。

 清水さんが知人に鑑定を依頼し、福井県立恐竜博物館に持ち込まれたのが世に出るきっかけとなった。それまで半世紀にわたって清水さんの自宅に眠っていたというから、ロマンがある。

 今でこそ、国内にも恐竜の時代があったことが当たり前になっているが、昭和40年といえば、国内初の恐竜の化石が見つかる13年も前だった。

 高校生も社会人になり、還暦を迎え、物の見方も変わってくる。ただの石として捨てられても不思議ではなく、研究史を塗り替える成果は清水さんの情熱のたまものだろう。

 吉野郡には幻の生物ツチノコの目撃談が残る。絶滅したとされるニホンオオカミが最後に捕獲されたのも東吉野村だった。

 想像をかき立てたツチノコブームも今は昔。最近はとんと聞かなくなったが、ひょっとして今もどこかに。幻や絶滅という常識が、いつの日か非常識に変わるかもしれない生物の世界である。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ