このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月7日 奈良新聞

 どうなるかと思っていた奈良市長選も、ようやく顔ぶれがそろい、一斉に走りだした。現職、新人ともに短期決戦でどこまで支援態勢が組めるか。

 いち早く出馬表明した新人の前生駒市長で弁護士の山下真氏(48)は、これまで選挙を4回経験。政党や組織に頼らない独自の戦いを進めてきた。

 ところが今回は民進党との接近が伝えられるなど、戦い方に変化がみられる。その前身の民主党が誕生させた現職の仲川元庸氏(41)は3選を目指し、実績を全面に出して戦う。

 これには民進党支持者にとまどいも見受けられるが、両氏とも政党よりも市民党的な立場から、浮動層に狙いを定めている。同時に行われる市議選とどう連動するか。

 昨日、自民党推薦で正式に出馬表明した朝広佳子氏(56)と、共産党公認の井上良子氏(53)の両新人が参戦する。井上氏は衆院選に出馬したことがあり、朝広氏だけが選挙初挑戦だ。

 現職に3新人が挑む形になるが、県都・奈良市をどんな街にしていくのか、分かりやすい政策をそれぞれが示してほしい。有権者が厳正な審判をする。(治)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ