このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月5日 奈良新聞

 新たに保守系候補の参戦が報じられた奈良市長選挙。顔ぶれと政策が決まり、有権者が判断するための選択肢が出そろうのも間もなくのようだ。

 と言っても既に告示まで1カ月弱。告示から投票までは1週間。喫緊の課題が山積する市政の運営をめぐって、政策論争は短期決戦を強いられる。

 同市には県全体の4分の1を超える約38万8千人が暮らしている。また県庁所在地として、県内唯一の中核市としてその行政トップが担う責任は重く、選挙に市外から寄せられる関心も高い。

 アメリカファースト、都民ファーストを掲げる政治が注目を集める中、県都と呼ばれる奈良市の市長が持つべき姿勢とは、どんなものかと考える。

 市民目線の行政が欠かせないのは当然だが、人気を追うだけの政策は弊害が大きい。また地域間競争の時代にあって国や県、市町村と適切な関係を築ける指導力や協調性も重要な資質となる。

 選挙では分かりやすい訴え、単純化された政策が有権者の耳に届きやすい。また短期決戦では知名度も大きな武器になるが、それだけに終わらない論戦の深化を期待したい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ