このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月3日 奈良新聞

 暑気の到来とともに、県内でも警察や消防などの水難救助訓練が始まった。奈良は「海なし県」だが、川などでの事故は毎年のように発生している。

 水辺で遊ぶ際には当然だが、心とモノの準備が必要。万が一の際に生死を分けるのは、泳力と併せ気持ちの余裕も大きい。

 昨年訪れたグアム島の大規模レジャープールには、プールサイドの各所に自由に使えるライフジャケットが備えてあった。幼児から大人まで各サイズが数も豊富にそろい、子供連れには安心できた。

 浮けて呼吸ができることは、足の届かぬ場所へ流された場合でもあせりを小さくし、体力の消耗を防ぐ。救助側にとっても、余計な力を使わずに安全な場所に運びやすい。

 残念ながら、前述のような十分な備えのある施設は、県内や周辺地域では見かけない。監視体制の強化も大事だが、転ばぬ先に手を回して危機を未然に防ぐ方法も有効だろう。

 海や川を含め、設備がないなら自ら対策を講じるしかない。本来水辺は、楽しさを感じさせてくれる友人のような存在。ただ親しき仲でも、ちょっとした気遣いは必要なのだ。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ