このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年6月1日 奈良新聞

 県内の青少年の携帯電話へのフィルタリング(有害サイトへのアクセス制限)利用などに関する、平成28年度の実態調査を県が公表した。

 フィルタリング利用率は最近の調査で横ばい状態。県は「フィルタリングの意義を訴えて利用率向上へ取り組む」としているが、保護者の関心の薄さが気になる。

 フィルタリングを利用している児童・生徒と利用していない児童・生徒の割合は、小学生=69・2%、15・7%▽中学生=57・8%、26・2%▽高校生=45・6%、43・1%。学年が上がるほど、利用が低下する傾向にあるという。

 フィルタリングを利用しない理由については「保護者が適切に管理」が小学生で54・2%、中学生で21・7%。「子どもを信用」が小学生8・3%、中学生37・0%、高校生50・6%と、親子の信頼関係がうたわれている。

 だが、実際には“悪の誘い”に巻き込まれる被害が出ている。子どもの健全育成のために、もう少し危機意識を持った方がいいのではないか。

 駅の階段や横断歩道での歩きスマホなど、使用マナーを教えることにも関心をもってほしい。(恵)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高市、支持固め着々 - 松本、霜鳥、浸透へ懸命/17衆院選 終盤の情勢-2区-[2017.10.19]

ひったくり急増58件 - 特殊詐欺被害3億円/県警犯罪認知[2017.10.19]

天誅組 若き日の実像 - 橋本若狭直筆の新たな文書発見/丹生川上神社下社神官写真付き記事[2017.10.19]

落語の想像力を応用 - 「エアリハ健康術」伝授/お笑い理学療法士の日向さん写真付き記事[2017.10.19]

最先端?伝統表現磨く? - 万葉文化館で「万葉集をよむ」写真付き記事[2017.10.19]

県内400社、PRに熱 - ビジネスマッチなら・かしはらビジネス商談会写真付き記事[2017.10.19]

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ