このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年5月24日 奈良新聞

 懐に手を突っ込まれるような、と言えばいいのだろうか。組織的犯罪処罰法の改正案が衆院を通過した。「共謀罪」法案といわれるように、2人以上による犯罪計画は「準備行為」で罰せられる。

 何が準備行為に当たるのか、国民に対する監視の目が強まることにならないか、運用上の不安定要素は残されたままだ。

 共同通信社の世論調査では、政府の説明を「十分とは思わない」とする回答が77・2%を占めた。決して軽視できる数字ではない。改正案自体に対する反対も、賛成を上回った。

 政府は今国会で成立を目指す考えだが、国民の理解が得られているとは言い難い。数の論理で押し通ってよいものでないことは、与党も十分承知だろう。

 内心の自由を軸にしたとき、教育勅語を評価しようとする最近の動きと「共謀罪」法案はどこか重なって見える。

 父母に孝養を尽くし、兄弟姉妹は仲良く、夫婦は互いに思いやりを持って。他人に家に踏み込まれたような違和感。テロ対策の強化は当然だが、改正案が想定する犯罪は幅広い。社会が息苦しくならないか、議論が足りない。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]

「昭和」を体験して - おもちゃや生活品/県民博で企画展写真付き記事[2017.10.17]

「奈良の観光」PR - 東京で旅行商品説明会写真付き記事[2017.10.17]

公、共、存在アピール - 短期決戦に危機感も/衆院選2017[2017.10.16]

迫力の展開「一角仙人」 - 東大寺慶讃能写真付き記事[2017.10.16]

防災、地域振興さらに - 五條市 市政60周年祝う写真付き記事[2017.10.16]

理解深め支援充実を - 県文館で講習会/高次脳機能障害写真付き記事[2017.10.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ