このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


コラボそうめん - 下北春まなと三輪そうめん

2017年5月22日 奈良新聞

新発売された下北春まなそうめん=下北山村上池原のきなり館

 下北山村特産物加工組合が、大和の伝統野菜「下北春まな」と三輪そうめんのコラボとして企画し、完成した、「下北春まなそうめん」の販売が始まった。

 下北春まなは、県最南端の同村で自家野菜として栽培されてきた漬け菜。ビタミンやミネラルが豊富で臭みが少なく甘みがあり、粉末化してうどんや菓子、飲料などさまざまな加工品になっている。

 そうめんの加工品は今回が初めて。同組合が桜井市の三輪そうめん製造販売「池利」に商品開発を依頼し、誕生した。

 同村上池原の下北山温泉「きなり館」では4束500円、箱入り10束2000円、同15束3000円で販売。同組合は「お中元にもどうぞ」とPRしている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県が行政代執行 - 生駒の盛り土[2017.12.18]

お旅所へ行列千人 - 春日若宮おん祭「お渡り式」写真付き記事[2017.12.18]

奈高専、廃炉ロボ頂点 - 原子炉建屋想定し操作[2017.12.18]

廃校に笑い声 - NPOが寄席開催/宇陀カエデの郷写真付き記事[2017.12.18]

クラシック楽しんで - 24年ぶり定期演奏会/橿原で奈良フィル写真付き記事[2017.12.18]

最古は昭和9年3月設立 鹿愛護会 - 「戌年」の県内法人[2017.12.18]

バンビシャス連勝 - 前半着々、逃げ切る/B.LEAGUE写真付き記事[2017.12.18]

三条通まで朱雀大路に - 「天平薫るまち」構想/積水工場跡地活用[2017.12.17]

良い年願い大しめ縄 - 宝山寺 一の鳥居写真付き記事[2017.12.17]

「広域化や建て替えも」 - 奈良市クリーンセンター建設問題写真付き記事[2017.12.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ