このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


自民、厳しい市政奪還 - 奈良市長選

2017年5月15日 奈良新聞

 任期満了に伴う奈良市長選(7月2日告示、9日投票)は、弁護士で前生駒市長の山下真氏(48)が立候補を表明したのを受け、15日にも現職の仲川元庸氏(41)が態度表明するとみられることから、一気に動き出した。市政奪還が至上命令ともいえる自民党の対応に焦点が集まるが、いまだに候補者の擁立ができないことに、党員・支持者らから県連総務会長でもあり同市支部長の荻田義雄県議の責任を問う声が大きくなっている。

 出馬表明した山下氏は2年前の知事選で敗れたものの、奈良市では7万0247票を獲得し、荒井正吾知事の6万6465票を約3800票上回った。この数字が市長選出馬の決め手となったとみられ、現職の仲川氏だけでなく、自民党関係者にとっても脅威となっている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県都決戦、関心いかに - 奈良市長・市議選[2017.05.26]

県内の教育施設紹介 - 近畿ブロック知事会議で荒井知事写真付き記事[2017.05.26]

東吉野 にぎわい拠点 - 気軽に集う場に 来訪者と交流も写真付き記事[2017.05.26]

「人権のまち」目指し - 市町村啓発活動推進本部連絡協写真付き記事[2017.05.26]

交通安全 楽しく学ぶ - 山の辺幼稚園で安全教室/JAF奈良支部写真付き記事[2017.05.26]

一つ一つ丁寧に柿の葉ずし作り - 奈良文化高食文化コース3年生写真付き記事[2017.05.26]

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」写真付き記事[2017.05.26]

「地方創生大賞」受賞 - 五條・石井物産の「柿バター」写真付き記事[2017.05.26]

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ