このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


福をハートに - 唐招提寺でうちわ作り

2017年5月13日 奈良新聞

本番に向け準備が進むハート形のうちわ=12日、奈良市五条町の唐招提寺

 奈良市五条町の唐招提寺(西山明彦長老)は12日、伝統行事「中興忌梵網会(ぼんもうえ)」でまかれるハート形の宝扇(=うちわ)作りを公開した。

 中興忌梵網会は鎌倉時代の同寺中興の祖、覚盛(かくじょう)上人の命日にあたる5月19日に営まれる。上人が蚊を殺そうとした弟子に「血を与えるのも菩薩行」と制した故事にちなんだ「うちわまき」があり、鼓楼(国宝)から約400本の宝扇がまかれる。

 宝扇は竹の軸(長さ約40センチ)に和紙を貼り、「帽子」や「はかま」と呼ばれる五色の飾りを付ける。和紙には「千手観音」と不浄を清める功徳を持つ「烏枢沙魔(うすさま)明王」の真言が書かれている。

 宝扇づくりの作業は1月から始まり、僧侶や職員の手作りで計5000本を製作。軸に使う竹は三重県名張市の市民有志がつくる「宝扇講」が奉納した。

 当日は午前9時から南大門付近で、20~60歳の健康な人を対象として、うちわまきの参加券を先着400人に配布。ほかにも抽選で千本が授与される。抽選券の配布は午後2時半まで。同3時開始。

 同寺の石田太一副執事長は「うちわは覚盛上人の教えを象徴するもの。平和で人々の心が安寧であるように願って作っています」と話している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

【新1区】小林【新2区】高市【新3区】田野瀬氏 - 奥野氏は比例近畿/衆院選自民候補[2017.09.22]

そろり10メートル“道半ば” - 唐招提寺御影堂修理で曳家工事写真付き記事[2017.09.22]

秋の交通安全運動スタート - 高齢者事故抑止に重点写真付き記事[2017.09.22]

23日からキトラ古墳 西壁と天井一般公開 - 「四神の館」開館1周年で写真付き記事[2017.09.22]

力強い演技に歓声 - 県立ろう学校演劇部が熱演写真付き記事[2017.09.22]

県内異業種が交流会 - 会社見学や名刺交換会写真付き記事[2017.09.22]

さらなる飛躍を誓う - バンビシャス奈良がパーティ写真付き記事[2017.09.22]

「唯一の手法」に異論 - 揺らぐDBOの優位性/奈良市新斎苑[2017.09.21]

駅前広場から拡大を - 天理市の課題(下)写真付き記事[2017.09.21]

眼前で文化財修復 - 元文研が施設見学会写真付き記事[2017.09.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ