このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


迫力の壁画ずらり - 薬師寺「食堂」完成

2017年5月10日 奈良新聞

完成した食堂の本尊・阿弥陀三尊浄土図の前に立つ製作者の田渕さん(右)と村上管主=9日、奈良市西の京町の薬師寺

 奈良市西ノ京町の薬師寺で「食堂(じきどう)」が完成し、9日、内部に安置された日本画家の田渕俊夫東京芸術大学名誉教授の壁画が報道各社に公開された。26日から3日間、落慶法要が営まれ、7月1日から一般公開される。

 食堂は僧侶が食事や修行を行った建物で平成27年に着工。南北約16メートル、東西約41メートル、高さ約14メートル。北側の須弥壇(しゅみだん)に本尊の「阿弥陀三尊浄土図」(縦横各6メートル)を安置。壁面に計14面の壁画「仏教伝来の道と薬師寺」(高さ約3メートル、幅約3~3・6メートル)を描く。

 壁画制作者の田渕さんは同寺大唐西域壁画殿の「大唐西域壁画」を描いた故平山郁夫さんに師事。「修行だと思って手を抜かず描いた。平山先生とは違った自分なりの壁画が描けたと思う」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県都決戦、関心いかに - 奈良市長・市議選[2017.05.26]

県内の教育施設紹介 - 近畿ブロック知事会議で荒井知事写真付き記事[2017.05.26]

東吉野 にぎわい拠点 - 気軽に集う場に 来訪者と交流も写真付き記事[2017.05.26]

「人権のまち」目指し - 市町村啓発活動推進本部連絡協写真付き記事[2017.05.26]

交通安全 楽しく学ぶ - 山の辺幼稚園で安全教室/JAF奈良支部写真付き記事[2017.05.26]

一つ一つ丁寧に柿の葉ずし作り - 奈良文化高食文化コース3年生写真付き記事[2017.05.26]

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」写真付き記事[2017.05.26]

「地方創生大賞」受賞 - 五條・石井物産の「柿バター」写真付き記事[2017.05.26]

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ