このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


2棟一対で描く? - 桜閣の絵画土器片新たに発見/唐古・鍵遺跡

2017年4月22日 奈良新聞

新たに見つかった楼閣絵画土器の破片。背後は土器のレプリカ=21日、田原本町阪手の田原本青垣生涯学習センター

唐古・鍵遺跡出土の楼閣絵画土器。右端が今回新たに見つかった土器片=21日、田原本町阪手の田原本青垣生涯学習センター

 弥生時代の大環濠集落遺跡として知られる田原本町の唐古・鍵遺跡で、楼閣が描かれた絵画土器のかけら(紀元前1世紀前半)が新たに見つかり、町教育委員会が21日、発表した。従来確認されている楼閣絵画土器片と同一個体とみられ、町教委は「2棟一対の楼閣が描かれたと考えられる」としている。

 町教委が平成3年の発掘調査で出土した資料の再整理を行い、楼閣絵画土器片を見つけた。縦6・1センチ、横3・7センチ、厚さ約1センチ。楼閣絵画の屋根に特徴的な斜線13本と、柱1本の線刻が残っていた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ