このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


正倉院銀壺は「国産」 - 藤原仲麻呂の銀銭を転用

2017年4月21日 奈良新聞

第62回正倉院展に出展された銀壺=平成22年10月、奈良市登大路町の奈良国立博物館

 正倉院(奈良市雑司町)に伝来した「銀壺(ぎんこ)」は、奈良時代の銀銭「太平元宝(たいへいげんぽう)」を転用した国産品だったとする新説を、吉沢悟奈良国立博物館学芸部列品室長(考古学)が発表した。従来は中国・唐で作られた輸入品説が有力だった。大平元宝は当時の権力者、藤原仲麻呂(恵美押勝)が発行した幻の銭貨で、銀壺製作の背景には仲麻呂の失脚後、過去の政策を清算しようとした称徳天皇(孝謙天皇)の意思があった推測している。論文は20日、発表された正倉院紀要第39号に掲載された。

 銀壺は甲乙2口あり、いずれも胴径約60センチ以上で正倉院宝物の金属製容器では最大。銘文に称徳天皇が東大寺へ行幸した天平神護3(767)年2月4日の日付があり、天皇が同寺に献納したと推定される。表面全体に描かれた騎馬の人がシカやイノシシを狩る文様などから、遣唐使が持ち帰った中国製と考えられてきた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ