このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


各党、候補者調整へ - 衆院選県内3選挙区に

2017年4月20日 奈良新聞

 衆院選挙区画定審議会(区割り審)が選挙区割り改定案を安倍首相に勧告した。県内は小選挙区数が4から3に減る。次期衆院選の実施時期は、新たな区割りを反映させた公職選挙法改正案が成立して周知期間を経た後との見方が強い。県内でも、候補者調整に向けた各党の動きが慌ただしくなりそうだ。

 県内4選挙区の現職は、1区=民進党の馬淵澄夫(56)▽2区=自民党の高市早苗(56)▽3区=自民党の奥野信亮(73)▽自民党の田野瀬太道(42)―の各氏。次期衆院選もこの4人を軸に戦いの構図が描かれる見通し…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]

戦後引き揚げ命懸けの日々 - 奈良の88歳・谷山さん自主出版写真付き記事[2017.05.23]

聖地で堪能 - 多武峰談山能写真付き記事[2017.05.23]

藤原京「一等地」を探る - 奈文研飛鳥資料館特別展写真付き記事[2017.05.23]

勉強会や交流会計画 - 県中小企業家同友会女性部会写真付き記事[2017.05.23]

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ