このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月19日 奈良新聞

 「自分たちが分かればいい。他の人たちは分からないだろうから来なくていい」。長く文化財を取材してきたが、そんな姿勢で仕事に取り組む学芸員に会ったことがない。

 博物館に足を運ぶ人たちの知識はさまざまだ。研究者顔負けに博識な人、初めて博物館をのぞいてみた人、歴史に興味を持ち始めた中高生もいるかもしれない。

 どのように展示すれば理解を深めてもらえるか、どの館の学芸員も知恵を絞って工夫している。浮世離れした見識で学芸員批判を展開した山本幸三地方創生担当相にはあきれるばかりだ。

 山本氏の言う「普通の観光マインド」がどんなものか分からないが、楽しく見てもらえば万事よしというものではあるまい。展示の趣旨をきちんと伝え、文化振興につなげることが第一だ。

 学芸員は国家資格であり、展示をコーディネートする責務は極めて重い。それを理解しない大臣は文化マインドに欠ける。

 山本氏は「文化や伝統、歴史をしっかり理解してもらう観光が本物」とも発言している。そう思うなら、学芸員に対する自身の偏見をまず一掃すべきだろう。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ