このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


響き渡る「講問論議」 - 大講堂で法要/薬師寺「最勝会」

2017年4月17日 奈良新聞

講問論議なども行われた法要=16日、奈良市西ノ京町の薬師寺

 国家安泰や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る最勝会が16日、奈良市西ノ京町の薬師寺で営まれた。

 平安時代に始まり、勅使(ちょくし)を迎えて行われていた。講堂焼失などで一時途絶えていたが、平成15年の大講堂復興に合わせて約500年ぶりに復活した。

 大講堂の本尊・弥勒(みろく)三尊像の前での法要では、加藤朝胤執事長が講師を、生駒基達執事が読師を務め「講問論議」。堂内に2人の声が響き渡った。また、勅使役の志野流香道家元の蜂谷宗玄宗匠が僧侶に香を配る儀式が厳かに営まれた。

 このほか年少の僧侶による「番論議」もあり、松久保真吾君(11)と安田響一君(9)がよどみなく問答を披露した。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ