このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


響き渡る「講問論議」 - 大講堂で法要/薬師寺「最勝会」

2017年4月17日 奈良新聞

講問論議なども行われた法要=16日、奈良市西ノ京町の薬師寺

 国家安泰や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る最勝会が16日、奈良市西ノ京町の薬師寺で営まれた。

 平安時代に始まり、勅使(ちょくし)を迎えて行われていた。講堂焼失などで一時途絶えていたが、平成15年の大講堂復興に合わせて約500年ぶりに復活した。

 大講堂の本尊・弥勒(みろく)三尊像の前での法要では、加藤朝胤執事長が講師を、生駒基達執事が読師を務め「講問論議」。堂内に2人の声が響き渡った。また、勅使役の志野流香道家元の蜂谷宗玄宗匠が僧侶に香を配る儀式が厳かに営まれた。

 このほか年少の僧侶による「番論議」もあり、松久保真吾君(11)と安田響一君(9)がよどみなく問答を披露した。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

田野瀬、地盤軸に優位 - 前川、所 支持拡大図る/17衆院選 終盤の情勢-3区-[2017.10.20]

右から見れば遣唐使船 左から見れば贈り物 - 織物の縁起図像奉納/元興寺写真付き記事[2017.10.20]

迫力の取組 大歓声 - 4横綱そろい 土俵入り披露/大相撲香芝場所写真付き記事[2017.10.20]

文豪の軌跡たどって - 天理図書館で漱石展写真付き記事[2017.10.20]

力いっぱい刈り取り - 米の収穫体験授業写真付き記事[2017.10.20]

自社製品通じ 県の魅力発信 - 「ビジネスマッチなら・かしはらビジネス商談会」写真付き記事[2017.10.20]

高市、支持固め着々 - 松本、霜鳥、浸透へ懸命/17衆院選 終盤の情勢-2区-[2017.10.19]

ひったくり急増58件 - 特殊詐欺被害3億円/県警犯罪認知[2017.10.19]

天誅組 若き日の実像 - 橋本若狭直筆の新たな文書発見/丹生川上神社下社神官写真付き記事[2017.10.19]

落語の想像力を応用 - 「エアリハ健康術」伝授/お笑い理学療法士の日向さん写真付き記事[2017.10.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ