このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


東大寺側と地頭で土地折半 - 鎌倉時代の絵図発見/東大史料編纂所・西田助教

2017年4月17日 奈良新聞

 鎌倉時代に摂津国の荘園杭瀬荘(現在の兵庫県尼崎市杭瀬付近)の一部を、領主の東大寺(奈良市)側と、幕府が任命した地頭とで折半したことを示す絵図「下地中分(したじちゅうぶん)絵図」が見つかり、調査をした東大史料編纂(へんさん)所の西田友広助教(日本中世史)が16日までに明らかにした。

 絵図は東大寺宝珠院が所蔵し、西田助教が昨年、内容を確認した。杭瀬荘の一部地域が寺と地頭とに朱線で細かく分かれ、西田助教は「当時の土地支配や社会を考える上で貴重な史料」としている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]

戦後引き揚げ命懸けの日々 - 奈良の88歳・谷山さん自主出版写真付き記事[2017.05.23]

聖地で堪能 - 多武峰談山能写真付き記事[2017.05.23]

藤原京「一等地」を探る - 奈文研飛鳥資料館特別展写真付き記事[2017.05.23]

勉強会や交流会計画 - 県中小企業家同友会女性部会写真付き記事[2017.05.23]

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ