このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


東大寺側と地頭で土地折半 - 鎌倉時代の絵図発見/東大史料編纂所・西田助教

2017年4月17日 奈良新聞

 鎌倉時代に摂津国の荘園杭瀬荘(現在の兵庫県尼崎市杭瀬付近)の一部を、領主の東大寺(奈良市)側と、幕府が任命した地頭とで折半したことを示す絵図「下地中分(したじちゅうぶん)絵図」が見つかり、調査をした東大史料編纂(へんさん)所の西田友広助教(日本中世史)が16日までに明らかにした。

 絵図は東大寺宝珠院が所蔵し、西田助教が昨年、内容を確認した。杭瀬荘の一部地域が寺と地頭とに朱線で細かく分かれ、西田助教は「当時の土地支配や社会を考える上で貴重な史料」としている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「会議施設」来月着工 - 新ホテルも年内に/県営プール跡地写真付き記事[2017.08.23]

県政課題に質問や提言 - 高校生が議員を体験写真付き記事[2017.08.23]

地域活動の参加推進 - 働き方で協定書/生駒市と市職労写真付き記事[2017.08.23]

最後まで気持ち一つ - 第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.23]

商談力向上で成約を - 県が販路開拓支援セミナー写真付き記事[2017.08.23]

天理、決勝進出ならず - 第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.23]

不屈天理 猛打で抗う - 逆転信じて底力5連打/第99回全国高校野球選手権大会写真付き記事[2017.08.23]

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ