このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月17日 奈良新聞

 年をとるにつれて、何かにつけ昔のことを思い出すケースが増えた。決して自分の過去を賛美するわけではないが、現在と比較して、いろいろな面で充足感があったような気がする。

 いわゆる懐かしいものの指標として、「昭和レトロ」がある。その王道を行くようなドラマが、NHKの朝ドラ「ひよっこ」である。昭和39(1964)年ごろの茨城県や東京が舞台で、東京オリンピックや東海道新幹線などが出てくる。

 当時のニュース映像もよく出てきて、当時を生きた者にとっては限りない郷愁に誘われる。

 “昭和を知らない子供たち”にとっては、物は少ないが、地域でのふれあいがたくさんあった時代のことを知る貴重な場といえるだろう。

 先週はカレーのCMが出てきて、「インド人もびっくり」のセリフとモノクロの画像が懐かしかった。見覚えがある顔、芦屋雁之助のように見えた。

 39年の県内の出来事を調べたら、芦原トンネルや信貴生駒スカイライン、近鉄奈良線・新生駒トンネルの開通、池原発電所の完成など、奈良でも高度経済成長時代へ向かう様子がうかがわれた。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ