このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月13日 奈良新聞

 雑誌の創刊号が好きだ。少々力み過ぎの場合もあるが、その出版物への哲学、愛情が凝縮され、編集スタッフの心意気が感じられるからだ。

 きっかけは、約40年前にライフスタイル雑誌として創刊された「ポパイ」(マガジンハウス)。特集はもちろん、コラム集や各種読み物、コピーまで斬新さと勢いがあったのが、今読み返してもわかる。

 同誌は形を変えつつ現在も発行されている。だが、当初の勢いに陰りが見える時期もあった。

 創刊時のスタッフは要求以上の仕事を個々の判断でやっていたが、やがて指示された作業だけのスタッフが増えた、とは数ある同誌回顧録の証言の一つ。成熟の中で進取の精神を保つのは難しい。

 新年度になり、県内でも各地で企業の入社式が行われている。代表者の決意の言葉と同様、新入社員はそれぞれ今後の展望を描いていることだろう。

 一方で、新人が会社を辞めたくなる時期は「3日、3カ月、3年」とも言われる。早期離職は今も雇用上の大きな課題だ。新たな一歩を踏み出した社会人1年生には、今の熱い気持ちを失わないでいてほしい。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ