このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月11日 奈良新聞

 20年前の米国映画「インデペンデンス・デイ」。異星人の攻撃で人類は絶滅の危機にひんするが、米国大統領自らが攻撃機に乗って立ち向かう。ハリウッド映画らしい荒唐無稽気味の作品だ。

 映画出演歴もあるトランプ大統領は、この作品の影響を受けたのではないかと疑ってしまう。巡行ミサイルによるシリアへの攻撃命令である。

 報道によると、シリア政府軍によるとみられる化学兵器で命を奪われた子どもや赤ん坊の映像をみて、大統領は心を揺さぶられたらしい。これも映画的だ。

 国の歴史が浅く、文学や音楽では欧州の歴史に及ばない米国だが、映画に関してはハンディがない。世界で最も映画産業が発達している。

 自国民が被害を受けたわけでない。国連によるお墨付きもなく法的根拠も乏しい。世界の「裁判官」と評する向きもあるが、化学兵器を使用するような無法者を容赦しない西部劇の「保安官」気分か。

 映画はフィクションであって脚本がある。しかし、現実には筋書きがない。世界が大惨事になってしまっても、絶対に撮り直しはできないのですよ大統領。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「会議施設」来月着工 - 新ホテルも年内に/県営プール跡地写真付き記事[2017.08.23]

県政課題に質問や提言 - 高校生が議員を体験写真付き記事[2017.08.23]

地域活動の参加推進 - 働き方で協定書/生駒市と市職労写真付き記事[2017.08.23]

最後まで気持ち一つ - 第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.23]

商談力向上で成約を - 県が販路開拓支援セミナー写真付き記事[2017.08.23]

天理、決勝進出ならず - 第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.23]

不屈天理 猛打で抗う - 逆転信じて底力5連打/第99回全国高校野球選手権大会写真付き記事[2017.08.23]

自民と公明、分け合い修復 - 委員長ポスト明暗/奈良市会会派[2017.08.22]

高級機大破に謎 - 捜査長期化の様相/山添・小型機墜落[2017.08.22]

国際科学五輪 物理部門3年連続金 - 東大寺学園高 渡辺さん「うれしい」写真付き記事[2017.08.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ