このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


純天理産の純米酒 - 福住の米使い醸造/氷室のさと完成

2017年4月6日 奈良新聞

オール天理で完成させた純米酒「大和高原 氷室のさと 天理福住」=天理市三島町の稲田酒造 

 天理市福住地区で育てた酒米を、同市内で醸造した純米酒「大和高原 氷室のさと 天理福住」が完成し、同市三島町の稲田酒造で販売が始まった。

 市民グループ「大和ブランド推進協議会」(奈良市)が平成27年から取り組む事業。食米より高値がつく酒米への生産転換を促し、農家経営の安定化を図るとともに地域の活性化につなげるのを狙いとしている。

 1年目は同地区でできた酒米「吟のさと」を吉野町の醸造元で製造。しかし、2年目となり「せっかく造るなら『オール天理』を目指そう」と同社が協力を申し出て、純天理産の日本酒が出来上がった。

 本年度は酒米約750キロを収穫。1升(1・8リットル)瓶で約700本分の純米酒ができた。価格は1升瓶入り2800円(税込み)、720ミリリットル入り1400円(同)、300ミリリットル入り600円(同)。

 同社の稲田光守専務(43)は「純米酒だがすっきりとキレの良い味に仕上がった」と手ごたえ。同協議会の奥村直幸理事(44)は「これを機に福住の農家が酒米を供給できるシステムを構築していきたい」と話している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ