このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月6日 奈良新聞

 今年も、きょう6日から春の交通安全県民運動が始まる。子どもと高齢者の事故防止を運動の基本に掲げ、安全安心の地域づくり実現を目指す。

 こう書くと行政や警察の行事のようだが、もちろんそうではない。道路を利用する一人ひとりが主体的に取り組む、文字通りの県民運動にしたい。

 イベントに出掛けたり、啓発活動に参加するなど、できることがあれば積極的に。ただ特別なことは何もしなくても別に大丈夫。大切なのは交通安全の観点から自らの日常生活を見直すこと。

 事故防止で県警が挙げるポイントは、自転車の安全意識向上、自動車の後部座席シートベルト着用、そして飲酒運転の根絶―と基本的なことだけ。

 とは言え、よく知っているはずの交通ルールやマナーを守るのは意外に難しい。身近な暮らしの中で当たり前のこと簡単なことは軽視しがち。だからこそ気持ちを引き締めな直す機会が必要。

 急増する高齢者の事故防止も、本人の自覚が欠かせない。そして高齢者だけでなく誰もがみな自分の能力を過信せず、基本に忠実ならば交通事故はもっと減るに違いない。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ