このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月5日 奈良新聞

 京都大学は連携協定を結ぶ精華町の庁舎で、無線送電システムの有用性を調べる実験を始めた。現在は電動アシスト自転車での非接触送受電を主な研究とする。

 ただ、将来展望が隠れている。コンセントにつながずにさまざまな機器への充電を可能にしたり、静止軌道上の宇宙ステーションなどの太陽光パネルで発電した電力を地上に送ったり。

 宇宙空間での太陽光発電については、本欄で節目ごとに触れてきた。県出身と言える前京都大総長で理化学研究所理事長の松本紘さんが、理論と可能性を示してきたからだ。

 大手ゼネコンは5年ほど前、宇宙に人と物資を運ぶ宇宙エレベーター構想を発表した。注目が増すにつれ、宇宙ステーションに付随する太陽光発電への関心も上昇している。

 自動車のエネルギーでも化石燃料からの転換が進む。宇宙で生まれたクリーンな電力で乗り物が走ることは、夢と将来性のある話だ。

 宇宙太陽光発電は、電力をマイクロ波で地上に安全確実に送ることが課題とされる。浅からぬ縁の県隣接地から、夢の実現への大きな一歩が成されることに期待したい。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ