このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月3日 奈良新聞

 ラテン語で「花の冠」を意味するロマンチックな名前とは知らなかった。トヨタ自動車の看板車種「カローラ」。トヨタカローラ奈良で生誕50周年のプロジェクトがあった。

 わが家初の自家用車がカローラ。普段はさえない父親と思っていたが、ハンドルを握る姿はカッコ良く、同級生に自慢したいほどだった。ドライブした楽しい思い出もある。

 自動車は文化である。その本場・英国では、趣味性の高い車に熱中する人(エンスージアスト)は、自分で車を組み立てたりできるそうだ。

 日本でもクラシックカーの博物館が各地にある。一つ一つの車には、設計者、工場関係者、使用者の思いやドラマが込められているように感じてしまう。

 ところが、最近は自動車にまったく関心のない若者が多いという。「お金がかかる」「もっと他に面白いものがある」。理由は様々だろうが、車好きからすると少し寂しい。

 各メーカーとも自動運転車の開発に力を注いでいる。しかし、いわゆる白物家電のように、無味乾燥な製品になってほしくないのは中高年男の感傷か。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ