このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年4月1日 奈良新聞

 年度始めは、正月とはまた違った気分で迎えられる。新入学や新入社と、新天地で期待に胸をふくらませた若者たちが大勢いることだろう。

 今年のサクラは開花宣言も遅れたが、それでも各地から花便りが聞こえ、楽しませてくれるに違いない。サクラの名所が多い奈良に住める幸せを感じる。

 しかしながら、現実は楽しいことばかりではない。世界情勢は緊迫の度を増しており、国内も悲惨な事件や事故が後を絶たない。国会の論戦は言葉ほどには緊張感もない。

 「まさか」の出来事は、そんな心のスキに起きる。春の陽気のなかでのんびり花を愛(め)でたいが、油断してはならないのだろう。そういう時代に生きている。

 奈良市の市長選も告示まであと3カ月ほどとなった。いまだに現職を含めて1人も立候補の意思を表明していない。県都の首長選びだけに、政党関係者の責任は大きいといえる。

 前回は7人の有力候補で争い、大量の批判票がありながらも、1位になれば当選した。それがこの4年間の市政運営に出ていた。同じ轍(てつ)を踏まぬことだ。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ