このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


ならまちにビール醸造所 - 地元食材で奈良発信

2017年3月31日 奈良新聞

ならまちに開業したレストラン併設型クラフトビール醸造所「なら麦酒ならまち醸造所」=30日、奈良市紀寺町の同店

 奈良市紀寺町の「ならまち」に30日、レストラン「麦舎(むぎや)」を併設した、クラフトビール醸造所「なら麦酒(ビール)ならまち醸造所」(青山政義代表)がオープンした。岡山市のクラフトビール醸造所で2年間修業した青山代表(47)が地元食材を使い、奈良の魅力を発信する。

 十輪寺南側の倉庫を改装した鉄骨造り2階建てで、延べ床面積約100平方メートル。1、2階ともレストランで、町家の格子をイメージした外観とともにしゃれたつくりになっている。また、1階奥の醸造所には発酵タンク4基と煮沸釜2基を備えた。タンクは2基増設する計画。

 提供するクラフトビールは、香り高く強い苦味が特徴の自社製「ならまちエール」と、青山代表が修業した醸造所製のゲストビール2種の計3種類。今後自社製品を増やし、6種類にする予定。料理は、サラダや県産野菜を使ったピクルスなどの前菜、ヤマトポークのカツレツなどを提供する。

 同日の開栓式には関係者約30人が出席。同市の仲川元庸市長は「食の魅力はキラーコンテンツ(集客力の要素)となり、地元食材の提供で経済の活性化にもつながる。ならまちの新スポットとして発信してほしい」と祝辞。青山代表は「ビールを精いっぱいつくり、地元食材も活用して奈良の素晴らしさをアピールしたい」と意欲を示した。

 続いて2人が栓を開き、こはく色のクラフトビールをグラスに注いで開業を祝った。

 同醸造所は、南都銀行など5者が出資する「県観光化活性化ファンド」の投資先第2号。営業時間は午前11時から午後9時まで。不定休。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

公明は自主投票か - 奈良市長選[2017.06.29]

行政断行も「硬直化」 - 奈良市政の課題<4>写真付き記事[2017.06.29]

村民主体 「かわかみらいふ」視察 - 総務省職員、地方創生で写真付き記事[2017.06.29]

働く障害者応援に商品券 - 300円で500円分/一部施設で売り切れも写真付き記事[2017.06.29]

構造や城主の史料50点 - 柳沢文庫で「絵図に見る郡山城」展写真付き記事[2017.06.29]

福祈って「ウソ」交換 - 菅原天満宮で「鷽替え神事」写真付き記事[2017.06.29]

女性の就労を支援 - 王寺町パート就職面接会写真付き記事[2017.06.29]

天理のナスとトマト使用 - 特製マーボーナス「てんりなま~ぼ」/餃子の王将で販売写真付き記事[2017.06.29]

県連、比例優遇を要望 - 自民執行部 候補調整/衆院選[2017.06.28]

幼保再編に住民反発 - 奈良市政の課題<3>写真付き記事[2017.06.28]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ