このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


ならまちにビール醸造所 - 地元食材で奈良発信

2017年3月31日 奈良新聞

ならまちに開業したレストラン併設型クラフトビール醸造所「なら麦酒ならまち醸造所」=30日、奈良市紀寺町の同店

 奈良市紀寺町の「ならまち」に30日、レストラン「麦舎(むぎや)」を併設した、クラフトビール醸造所「なら麦酒(ビール)ならまち醸造所」(青山政義代表)がオープンした。岡山市のクラフトビール醸造所で2年間修業した青山代表(47)が地元食材を使い、奈良の魅力を発信する。

 十輪寺南側の倉庫を改装した鉄骨造り2階建てで、延べ床面積約100平方メートル。1、2階ともレストランで、町家の格子をイメージした外観とともにしゃれたつくりになっている。また、1階奥の醸造所には発酵タンク4基と煮沸釜2基を備えた。タンクは2基増設する計画。

 提供するクラフトビールは、香り高く強い苦味が特徴の自社製「ならまちエール」と、青山代表が修業した醸造所製のゲストビール2種の計3種類。今後自社製品を増やし、6種類にする予定。料理は、サラダや県産野菜を使ったピクルスなどの前菜、ヤマトポークのカツレツなどを提供する。

 同日の開栓式には関係者約30人が出席。同市の仲川元庸市長は「食の魅力はキラーコンテンツ(集客力の要素)となり、地元食材の提供で経済の活性化にもつながる。ならまちの新スポットとして発信してほしい」と祝辞。青山代表は「ビールを精いっぱいつくり、地元食材も活用して奈良の素晴らしさをアピールしたい」と意欲を示した。

 続いて2人が栓を開き、こはく色のクラフトビールをグラスに注いで開業を祝った。

 同醸造所は、南都銀行など5者が出資する「県観光化活性化ファンド」の投資先第2号。営業時間は午前11時から午後9時まで。不定休。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ