このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


産学公連携でブランド化へ - 付加価値の商品開発模索/洛いも焼酎「精華の夢」

2017年3月28日 奈良新聞

精華町がブランド化を目指す「洛いも」の焼酎「精華の夢」

 精華町は、京都府立大学や地元農業協同組合(JA)、奈良市の酒造会社と協力し、町内で栽培した「洛いも」を使った焼酎「精華の夢」を完成させた。きょう28日、同町で試飲会を実施。イチゴなどと並ぶ町の特産品としてブランド化を目指す。

 「洛いも」はヤマノイモ科の「ダイショ」で、同町に付属農場を持つ同大が約20年前から実験栽培。平成25年に同町と同大が連携協力包括協定を結んだのを機に「洛いも」と名付け、JA京都やましろ精華町花き部会に育苗法を技術移転した。現在は約30戸の農家が「精華町洛いもグループ」を結成して生産する。

 同グループの田中正博会長(65)は「長イモより硬さがしっかりしていて甘みがある。ただ生イモは低温に弱く、保存に手間が要る」と流通の難しさも吐露。これまで年間収穫量約3トンのうち地元の祭りで消費する以外はほぼ自家消費で、付加価値をつけた商品開発が模索されていた。

 町は同大に依頼し、醸造データを作成。実際の焼酎造りは、これまでの実績から八木酒造(奈良市、八木威樹社長)にまかせることになった。

 同社の八木宣樹専務(55)は「私たちができることは酒を造ることだけ。少しでも役に立てれば。今回は蒸留から間もないので、半年くらい寝かせると飲みやすくなる」と説明。田中会長は「お湯割りよりロックがおすすめ」と話している。

 試飲会は午後4時から同町商工会館で実施。事前申し込み不要。販売予約も行う。

 問い合わせは同町産業振興課、電話0774(95)1903。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]

戦後引き揚げ命懸けの日々 - 奈良の88歳・谷山さん自主出版写真付き記事[2017.05.23]

聖地で堪能 - 多武峰談山能写真付き記事[2017.05.23]

藤原京「一等地」を探る - 奈文研飛鳥資料館特別展写真付き記事[2017.05.23]

勉強会や交流会計画 - 県中小企業家同友会女性部会写真付き記事[2017.05.23]

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ