このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


雪丸弁当召し上がれ - 来月1日から販売/「ヤオヒコ」が王寺町や県内大学と産官学連携

2017年3月27日 奈良新聞

弁当を試食する来場者=22日、王寺町久度2のリーベルホール

 スーパーマーケット「ヤオヒコ」を運営する八百彦商店(王寺町、上田彦治社長)は、同町や県内大学との産官学連携で共同開発した「雪丸おさんぽ弁当」を、4月1日から販売する。

 食を通じて地域を活性化しようとの取り組み。3月22日には同町久度2丁目のリーベルホールで、顧客や関係者ら約130人に先行披露された。

 献立は奈良女子大学の奈良の食プロジェクトの学生が考案。竜田川を連想させる竜田揚げをメインに、大和まなとコーンのつまみ揚げ、根菜の煮物、エビおからグラタンなどを添えた。

 また、県産のひとめぼれのごはんを詰めた部分に雪丸の足跡をイメージした金時豆を配置。雪丸の大好物とされるブルーベリーあん入り大福餅のデザートも付けた。

 パッケージのデザインは、奈良芸術短期大学のデザイン広報サークルの学生が担当。雪丸の顔をあしらい、ほのぼのしたイメージに仕上げた。さらに同町観光マップ、雪丸と達磨寺が題材の間違い探しのイラストを配する工夫も凝らした。

 同弁当は県内外の12店舗で、雪丸にちなんだ「わんコイン(500円=本体価格)」で販売。計1万食を目標にしている。

 試食した同町の吉川雅子さん(55)は「煮物や大福餅がやわらかくておいしい」と笑顔でほおばっていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ