このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


米も酒蔵も地元で - Maid in 五條味わって/純米大吟醸きょう発売

2017年3月25日 奈良新聞

完成した純米大吟醸「ゆめ野山」を手にする東川さん(左端)と五條酒造の社員ら=22日、五條市今井1の同社

 五條市内の酒蔵で、初めて地元産の酒米を仕込んだ純米大吟醸「ゆめ野山」が完成した。きょう25日に、同市内の地酒販売店で発売する。

 地域おこしに取り組む、うのかわ酒店(同市今井2丁目)の東川博さん(46)が、「材料から製造まで、オール五條で酒を造ろう」と呼び掛けた。市内の農事組合法人「ゆめ野山」(松本正之代表)と、創業94年の酒造会社「五條酒造」(中元英司社長)が呼応し、連携。完全な形の五條の地酒が生まれた。

 酒米の栽培は初挑戦だったが、昨年は天候にも恵まれて豊作。同市表野町の田んぼ約2400平方メートルで収穫した約1100キロの酒米を精米5割で仕込み、一升びん約700本分の酒に仕上げた。

 柔らかい米で、洗米の段階から苦労したが、杜氏(とじ)の松本晋二さん(44)は「しぼっていくとうまみのある大吟醸になった」と笑顔を見せた。

 東川さんが「酒の王様」の大吟醸での地域おこしを夢みて5年。「五條の豊かな自然が目の前に広がるような味わい深い酒。酒をきっかけに、一人でも多くの人が五條に来てくれれば」と願っている。

 販売価格は1・8リットル入り3996円(税込み)、720ミリ入り1998円(同)。生原酒のほか、直汲(ぐ)み無ろ過無調整を数量限定で提供。8月下旬以降は火入れの原酒も販売し、熟成する酒の変化も楽しめるという。

 問い合わせはうのかわ酒店、電話0747(22)2577。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]

戦後引き揚げ命懸けの日々 - 奈良の88歳・谷山さん自主出版写真付き記事[2017.05.23]

聖地で堪能 - 多武峰談山能写真付き記事[2017.05.23]

藤原京「一等地」を探る - 奈文研飛鳥資料館特別展写真付き記事[2017.05.23]

勉強会や交流会計画 - 県中小企業家同友会女性部会写真付き記事[2017.05.23]

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ