このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月24日 奈良新聞

 橿原市の新年度予算は、議員提案による修正案が可決し、とりあえず市民生活への影響が避けられた。原案を取り下げた奈良市はどうか。

 2年連続して委員会否決され、本会議での否決が濃厚になったために、取り下げたものだ。仲川元庸市長は、改めて提出して月内の成立を図る考えだ。

 議会から指摘された声を参考にするというが、浅川仁議長が「議会として審議を尽くすことが大事」というように、中身にもよる。議会との調整を怠ってきたツケだ。

 どんな予算案か分からないが、議会も市民生活に影響のないようにしてもらいたい。昨年のように対案を出すくらいの準備が必要だ。年度内成立のためには日にちも少ない。

 今議会が終われば、7月の市長選、市議選に向けて一斉に走りだす。すでに市議選に立候補を予定している新人の動きも活発化しており、誰も名乗りを挙げていない市長選も一気に動きそうだ。

 県都の首長を決める選挙だけに、主要政党の責任は大きい。仲川市政の継続か刷新か、市民に早く示してほしい。春がきたのに、どうも落ち着かない。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ