このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月22日 奈良新聞

 東京都心でソメイヨシノが咲き始めたという。県内では奈良地方気象台が今月6日に開花を報じたツバキが見ごろ。各地で多様な花が楽しめる。

 このうち奈良市にあって三名椿(ちん)と称されるのが東大寺開山堂の糊(のり)こぼし、白毫寺の五色ツバキ、そして伝香寺にある散りツバキ。

 大和の戦国武将、筒井順慶の死を悼み母親の芳秀尼が植えたという伝香寺のツバキは、花の盛りに惜しげもなく散り落ちる。その姿に順慶の潔さを重ねて別名もののふツバキとも呼ぶそうだ。

 先日、同寺で見たときは、まだつぼみも多いのに既に足元には散った花びらが。なるほどと感心する一方、潔さより命のはかなさにも思いが向く。

 ちなみに順慶といえば洞ケ峠の故事が有名だが、日和見主義者だったわけではない。動乱の時代を懸命に生き抜いた名将。やはり母親は潔さではなく早世を悼み散りツバキを植えたのだろう。

 そして散り際の良さで、軍人の潔さを象徴した時代もあったのがサクラ。こちらも現代ではイメージを一新、成功を指す合言葉「サクラ咲く」宣言を県内でも待ちわびる。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

師走の古都熱気 - 健脚ランナー1万9000人が参加/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

元気いっぱいスタート - 海外からの参加者も/奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.10]

初日から大盛況 - ひよしのさとマルシェ写真付き記事[2017.12.10]

腕の振り意識が大切 - 恒例ランニングクリニック/五輪メダリスト有森裕子さん写真付き記事[2017.12.10]

新築移転を検討 - 生駒署庁舎 耐震性など問題/県会一般質問[2017.12.09]

容疑者自ら通報 - 生駒女児殺人未遂[2017.12.09]

感謝の気持ち込め「針供養」 - 大原和服専門学園写真付き記事[2017.12.09]

自身に合う働き方を - 奈良で就労検討の女性向けセミナー写真付き記事[2017.12.09]

和田廃寺跡と同范 - 平城京跡出土の軒平瓦写真付き記事[2017.12.09]

知事、去就明言せず - 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ